ナースとしての仕事・働き方

  1. トップ
  2. › 医師としての仕事・働き方

働き方に合わせた職場

看護師として転職活動をするにあたって、「給与待遇など条件の良いところへ」、「自分の専門スキルを活かせる現場へ」、など、さまざまな“自分のキャリアプラン・ライフスタイルに沿った条件”を掲げることでしょう。この条件に沿った転職をするためには「医療機関を知る」ことがもっとも必要であるといえます。さまざまな医療機関の現況を知り、自身のニーズと合致したところを選ぶことが大事なのです。

大規模の病院の場合

大規模の病院の場合

勤務ローテーションや診療システムなどがすでに確立されているため、勤務日数や休暇、当直などの待遇面で「その病院のシステムに合わせられるかどうか」が大きなポイントとなってきます。また、専門性の高い看護師も歓迎されるでしょう。「臨床経験を積みたい」、「もっと学び進めていきたい」、「現在の専門性を活かしたい」などの希望がある場合には適しています。また各種教育システムや育児支援制度などの制度が豊富なのも大規模病院のメリットといえるでしょう。


中小規模の病院の場合

中小病院の場合

患者さんに総合的に携わる幅広い看護業務をこなすことが求められます。都市部に比べ、地方に行けば行くほどその傾向は強くなります。外来診療や病棟管理だけでなく健康診断、人間ドックなどのあらゆる場面での活躍が期待されるでしょう。

しかしその反面、人員不足に悩む病院も多いため、一人にかかる負荷が大きい場合が多く、労働環境としては厳しいケースが見受けられます。


クリニックの場合

クリニックの場合

クリニックでは、無床となると病床の管理もなく、手術の機会も無くなるので、業務は大半が診療補助になってきます。

ですから、専門性を高めたりやキャリア・経験を積むという点では向きませんが、「時間的に余裕を持ちたい」「当直が無理」「通勤が近いほうがいい」などのニーズの方には融通がきく職場です。


介護福祉施設の場合

介護福祉施設の場合

介護福祉施設では、比較的医療的技術を求められないことから、ブランクのある看護師の方でも復帰しやすい傾向があります。

業務の内容が、療養上のお世話が多くなることから、医師の診療補助が大半になり、看護業務が不十分になりがちな病院ではなく、看護師としての本来の看護業務をすることができるという点で、介護福祉施設を目指される方もいらっしゃいます。


看護師の転職ならビジネススクウェアにお任せ

ビジネススクウェアにおまかせください

我々ビジネススクウェアでは、独自の全国医療機関データベースを構築し、一人ひとりのニーズを最大限に満たす職場探しのお手伝いをしております。看護師としての転職活動をするにあたって、自分のキャリアプラン・ライフスタイルの見直しから、面談・採用までをトータルにサポートいたします!

ご登録はこちら


このページのトップへ