転職活動で失敗しないために

  1. トップ
  2. › 履歴書の書き方で差をつける

失敗しない履歴書の書き方

履歴書は、あなたの第一印象を決める大切な書類であるとともに、あなたのキャリア・能力を伝える重要なものです。履歴書の書き方・内容で不採用になるケースも多いので、できるだけ丁寧に、自分をアピールできるように心がけて書きましょう。
履歴書は、第一印象で差をつけるチャンスなのです。

履歴書の形式

履歴書の形式

履歴書には新卒用や転職用などの種類があります。転職用の履歴書の場合、得意学科や保護者記入欄などがありません。その代わり退職理由や経歴を書くスペースが多めに取られています。自分で書きやすいタイプのものを選ぶと良いでしょう。

« 記入方法 »

現在では、パソコンやワープロによる記入でも問題ないとする見方が広がっています。手書きの方が気持ちや熱意は伝わりやすいものですが、字が汚かったり応募先が多かったりする場合は、パソコンやワープロを利用しても良いでしょう。


履歴書記入の注意

・修正液は使わない

書き損じた場合は、必ず新しく書き直しましょう。修正液で修正された履歴書は、その時点でマイナスイメージを与えてしまいます。そのため、履歴書は最低でも2枚用意しておきましょう。

・日付は元号で

基本的に、履歴書に記載する日付は西暦でなく「元号」で書きます。郵送する場合は郵送する当日の日付、持参の場合は持参当日の日付を記入しましょう。

・写真は新しいものを

履歴書用の顔写真は3ヶ月以内に撮影したものを使うようにしましょう。白黒写真でも構いません。写りを良くしたい場合は、写真屋さんで撮影してもらうのがベストです。裏面の記名を忘れないようにしましょう。

・学歴・職歴の漏れがないように

学歴は、基本的に中学校卒業年度から記入します。ですが職歴などのスペースを考えて、高校卒業年度から記入しても問題ありません。学校や職場の名称、国公立か私立かも省略せずに明記し、学部や学科、専攻なども全て記入しましょう。職歴でも全ての会社の入社日、退社日を漏れなく記入しましょう。

・免許・資格の漏れがないように

国家資格であるかどうかに関わらず、資格は全て記入します。応募する職種に直接関係がないものであったとしても、人間性や能力のアピールになるので漏れなく記入しましょう。ただし、簿記4級や英検3級などのあまり役に立たない資格は記載しなくても構いません。

・マニュアル通りの志望動機はNG

応募先医療機関の現況や指針などを調査・研究した上で、自身の意欲や熱意を表現しましょう。この際「以前から興味があり・・・」などのありきたりなマニュアル通りの解答はNGです。なるべく自分の言葉で、具体的な将来のビジョンを考えて伝えましょう。

 

一通り書き終わったら、自分を採用者に置き換えてこの履歴書を判断してみてください。

 

以上は一般的な書き方ですが、転職コンサルタントがカウンセリングを通して、より具体的に貴方の人間性・キャリア・能力を具体的に伝える書き方をアドバイスさせて頂きます。

職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方

職務経歴書には、履歴書のような記入形式はありません。ワードなどのパソコンソフトを使って、A4用紙1~2枚程度に自身のキャリアや経験を時系列順に記入していきましょう。看護師の場合は、これまでに勤めた医療機関を全て記入しましょう、この職務経歴書に、履歴書では書けなかった職務内容や実践取組内容などについても細かく記入することになります。

 

それだけに、書き方によって印象に差がつきやすいものになります。誇張して書くことは厳禁ですが、漏れなく正確に伝えることで、雇用条件面にも差がでるので、きっちりと書くようにしましょう。


失敗しないための転職コンサルタント

近年は医療の多様化、複雑化が進み、看護師の方々は大変厳しい労働環境に置かれています。その時代の中で生き抜くためには、適切なキャリアアップ・ライフプランの構築がもっとも大切になってきます。まずは自分の目指すべき看護師像、コンセプトを固めていくことから始めるべきでしょう。

 

当サイト「看護師転職支援ガイド」を監修する「ビジネススクウェア」は、代表の高山を始めとする全ての役員、ブレーンが“医療機関の経営全般のコンサルティング(経営企画、財務・税務、人事など)”を多数経験してきました。現在は実際に医療機関の内部に携わり、医師や看護師の採用などのお手伝いをしております。この経験を持つビジネススクウェアを、看護師のキャリアアップ・ライフプランの確立にお役立ていただければと思います。

  • 履歴書の書き方マスターをもれなくプレゼント

このページのトップへ