ナースが職場を変えるするきっかけ

  1. トップ
  2. › 転職のきっかけ

医師と患者の間で苦しむ看護師

看護師は、意思をサポートする医療者としての立場と、患者の代弁者としての立場があり、これが原因で他の職種に比べて何倍ものストレスにさらされています。また、看護業務量における診療補助業務と療養上の世話の割合は5:1にも関わらず、患者ニーズの把握を組織横断的に一手に任され、求められる立場にあり、ジレンマの中で苦しんでいるケースが多いのです。

転職のきっかけは、知人・先輩のアドバイス

知人のアドバイス

このような過酷な環境のため、看護師は転職率の非常に高い職種となっております。8割以上が経験し、そのうち5割以上が2回以上の転職を経験しています。

 

しかしながら転職にはパワーがいります。職場を変えたいという気持ちはあっても、自分一人で決断されるされる方は少数派。多くは、先輩や知人への相談・アドバイスによって行動に移されています。

 

職場環境を改善することが難しいのであれば、無理に我慢せず、第三者に相談にのってもらうことも大切です。狭くなりがちな視野を広げ、転職への決心がつくことも多いのです。


情報豊富なコンサルタントにお任せ

カウンセリング

そんな時、人材紹介会社の支援サービスが役立ちます。ビジネススクウェアでは、個々のライフプラン・キャリアプランをお聞きし、最適な職場をお探しするサービスを行っています。

 

「スキルを活かして伸ばし、プライベートも充実させる」そんな看護師としての人生を手に入れるために、豊富な情報と経験を持つ転職コンサルタントによるカウンセリングの活用をおすすめします。


当サイト「看護師転職支援ガイド」を監修するビジネススクウェアでは、ナースの皆様が有意義なナースライフを手に入れて頂くために、独自の全国病院データベースの中からご要望にマッチする勤務先をご紹介しております。勤務条件から年収まで、全てを弊社が交渉させていただきますので、ご安心ください。私たちは、ナースの皆様1人ひとりが最適な職場に出会うため、最大限の努力をいたします。

このページのトップへ